未分類

ダイビングライセンスに挑戦するのは不安?

ダイビングは一度はやってみたいスポーツとして、根強い人気があります。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言われますが、これは認定(certification)の略です。
ダイビングライセンスのコースを南の島で受ける時には、日本で学科、プールだけを済ませた方が時間を無駄にしないのでお勧めです。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体で一番大きいのはPADI。アメリカが本部で世界中に支部があります。
PADIのダイビングスクールの中でも、5スターという称号のショップは、年間の認定数などいくつかの基準をクリアした優良店とされます。
せっかくのダイビングですから、楽しく続けられるダイビングスクールを選びましょう。やはり、信頼できるインストラクターがいることは大切です。
ダイバーになったら、いよいよダイビングツアーに参加しましょう。同じ趣味の仲間がたくさん増えるのも楽しみのひとつです。
東京や神奈川のダイビングスクールでは、伊豆のダイビングツアーを多く開催していますが、1泊して温泉でのんびりなんていうのもいいですね。
そして、ある程度実力がついたら海外へも足を伸ばしましょう。グアムのダイビングなら近くてお勧めです。
もし、いきなりダイビングライセンスに挑戦するのは不安というのなら、体験ダイビングをしてみるのも良いかもしれません。
最近は中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもありますから、親子でダイビングを楽しむのも良いですね!

ダイビングは一度はやってみたいスポーツとして、根強い人気があります。
スキューバダイビングの場合は、シュノーケルと違ってライセンスを持っていなければなりません。正確にはCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
スキューバダイビングの指導団体にはいくつかの団体があり、それぞれが組んだカリキュラムに沿って安全に潜れるようになるためのコースが行われます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体で一番大きいのはPADI。アメリカが本部で世界中に支部があります。
PADIのダイビングスクールの中でも、5スターという称号のショップは、年間の認定数などいくつかの基準をクリアした優良店とされます。
ダイビングショップにも様々な特徴がありますから、ネットだけで見て決めるのではなく、電話をしたり、実際に足を運んで決めましょう。
もし、一人でダイビングを始めても、ショップの主催するダイビングツアーに参加するとすぐに仲間ができてしまいます。
伊豆のダイビングなら、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで潜りに行けるのでとても気軽にダイビングを楽しめます。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
もし、いきなりダイビングライセンスに挑戦するのは不安というのなら、体験ダイビングをしてみるのも良いかもしれません。
ダイビングは体力と言うよりは、器材を使って楽しむスポーツです。中高年でダイビングを楽しむ方が多いのもその辺が理由かもしれませんね。

ダイビングライセンスに挑戦するのは不安? はコメントを受け付けていません。