未分類

ダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいます

ダイビングを始めると世界が変わるなんてよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?
スキューバダインビングのライセンスは、本当はCカードと言いますが、Cはcertification(認定)の略です。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
PADIというのも、ダイビングライセンスを発行している指導団体のひとつですが、本部はアメリカのカリフォルニアにあります。
ダイビングスクールも日本ではPADIのカリキュラムで指導しているショップが多いです。
ダイビングを楽しく続ける為には、自分に合ったダイビングスクールを選ぶことがポイントです。その為にも実際に足を運んでチェックするのが一番ですね。
ダイバーになったら、ダイビングショップが主催するダイビングツアーに参加すると仲間もすぐに増えますよ。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、ある程度実力がついたら海外へも足を伸ばしましょう。グアムのダイビングなら近くてお勧めです。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
最近は親子でダイビングを楽しんでいる人も多いです。中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもあるのでぜひ探してみてください。

スキューバダイビングを趣味とするのには、まずはダイビングライセンス(Cカード)を取得することが必要です。
ダイビングライセンスを取得するのは、最初に学科講習、そしてプール講習、最後に海洋実習という流れです。
スキューバダイビングの指導団体には、フランスが本部のCMASやイギリスに本部がるBSACなどいくつかあります。
ダイビングライセンスを発行している指導団体にPADIという団体がありますが、マニュアルでしっかりと内容が決まっているのでクォリティの高い講習を受けることができます。
日本のダイビングスクールも、やはりPADIに所属しているダイビングショップが多く、特に優良店は5スターというランクになります。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
実は、一人でダイビングを始める人が多いのですが、ショップが主催するダイビングツアーに参加すると同じ趣味の友達がたくさんできてしまいます。
ダイビングを伊豆で楽しむのなら、1泊で出かけるのがお勧めです。温泉に入ったり、海鮮料理を楽しむこともできます。
そして、海外でのダイビングデビューはグアムのダイビングがお勧め。日本人のインストラクターもたくさんいます。
もし、あなたが泳ぐのが苦手なんて言うのなら、まずは体験ダイビングを試してみるのもひとつの方法かもしれません。
ダイビングは体力と言うよりは、器材を使って楽しむスポーツです。中高年でダイビングを楽しむ方が多いのもその辺が理由かもしれませんね。

ダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいます はコメントを受け付けていません。