スキューバダイビングをするのには、ライセンス(Cカード)を提示しなければなりません。

ダイビングは一度はやってみたいスポーツとして、根強い人気があります。
スキューバダインビングのライセンスは、本当はCカードと言いますが、Cはcertification(認定)の略です。
ダイビングライセンス取得のコースは、通常4日間で終了しますから、けっこう気軽に受けることができます。
実はスキューバダイビングライセンスを発行している団体というのは、ひとつだけではないのです。
ダイビングライセンスを発行している指導団体にPADIという団体がありますが、マニュアルでしっかりと内容が決まっているのでクォリティの高い講習を受けることができます。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
ダイビングショップを選ぶ際は、やはり実際にインストラクターと話をしてみるのが一番です。信頼できるスタッフのいるお店を選びましょう。
ダイビングスクールの企画したダイビングツアーに参加するとお友達もたくさんできるので、ひとりで始めても安心です。
伊豆へのダイビングツアーなら、帰りに温泉に入ったり、おいしい海鮮料理が食べれるのも魅力です。
そして、ダイバーになったなら一度は行きたいのが沖縄でのダイビング。「ダイビングを始めて良かった」と思うことうけあいです。
もし、あなたが泳ぐのが苦手なんて言うのなら、まずは体験ダイビングを試してみるのもひとつの方法かもしれません。
最近は中高年でダイビングを楽しんでいる方も多くなりました。70代のダイバーなんて、めずらしくないんですよ!

ダイビングをやってみたいけど、何から始めていいのかわからない・・・という人も多いのではないでしょうか?
スキューバダイビングの場合は、シュノーケルと違ってライセンスを持っていなければなりません。正確にはCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
ダイビングライセンスの中でも、世界で一番流通しているのはPADIという団体が発行しているもので、どこに行っても通用します。
PADIのダイビングスクールなら、学科、プール、海洋実習をそれぞれ別のショップで受けることも可能です。
横浜 ダイビングショップもそのお店によって特徴がありますから、一度訪ねてみて自分にぴったりのお店を見つけましょう。
ダイビングスクールの企画したダイビングツアーに参加するとお友達もたくさんできるので、ひとりで始めても安心です。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、ある程度実力がついたら海外へも足を伸ばしましょう。グアムのダイビングなら近くてお勧めです。
まだダイビングライセンスはちょっとねえ・・・という方も、せめて体験ダイビングで一度は海の中をのぞいて見ましょう。
ダイビングは体力と言うよりは、器材を使って楽しむスポーツです。中高年でダイビングを楽しむ方が多いのもその辺が理由かもしれませんね。